未来デザイン塾

お問い合わせはこちら

YUKINOの未来デザインブログ

【自分のボートを持とう】

働き方デザイン 

一昔前は、学校を卒業したら
経営の安定した大手企業や
銀行、お役所に就職するのが
安全な道でした。

いわゆる「大船に乗る」って
ことですね!

でも時代は移り変わって
今は世界的に有名な企業でも
経営の危機に陥ることも
珍しくありません。

また、仮想通貨の登場により
銀行では大規模なリストラも
決まっています。

私は以前役所に勤めていましたが
役所内でも経費削減で
人員は徐々に減らされ
仕事は外注化していきました。

それなのに未だに
学校を卒業したら
いい会社に勤めればもう安心!
と思ってる人が沢山です。

もちろん少し前の私も
それもありだよねって
むしろそれが普通って
思っていました。

でもでも!

最近の周りの状況を見てると
どう考えても「誰かの船に乗っている」状態を
安全には思えなくなってきました。

それがどんなに大きくても
船って100%安全なことって
ないじゃないですか!

船に限らずどんな乗り物でも
100%安心安全って
ありませんよね?

なのに何故「会社」という船だけは
安全だと思っているのでしょうか?

会社勤めが悪いとか
そういうことではなくて
「会社員なら安心」
と大船に乗った気分でいて
本当に大丈夫?と思っている私です。

私はいわゆる脱サラ組です。
でも地方公務員を辞める前に
何かやりたいことがあったわけでは
ありませんでした。

じゃあ何故辞める気になったのか?

それは自分の職場を見てて
将来の安心を得られなくなったからです。

実は公務員になったのも

・試験に受かったから
・公務員なら世間体もいいし
・お給料も男女一緒だし
・労働条件も守られてるし
・定年まで勤められるし

という親からいわれるような
「安心安全」な職種だから
なっておいたら一生安泰と思ったからです。

また住民の皆さんのための仕事で
営利目的じゃないというのも
仕事としての質もいいと思ったからです。

そして実際に昔は
公務員なりの制限がありつつも
仕事とプライベートのバランスも取れてて
普通に充実した毎日でした。

うちの役所は同じ職場に
長くいることはありません。
早ければ1年で平均的には5~6年までで
別の職場に異動します。

仕事の内容もその職場職場で
変わってしまうので、
年齢が経ってても新しい職場では
新人気分を味わえました。

それが楽しかった時期もありました。
でもある年齢に達したくらいから
一つの仕事をもっと腰を落ち着けて
やれたらいいなと思うようになりました。

異動を繰り返して最後の職場(結果的に)の時
かなり忙しいと言われていた係だったのですが
係長と係員3人でした。
でも、係員の一人が病気で休職して
実質2人でやっていました。

平日は20時くらいが定時で
(本当は17時15分です)
更に残業するので22時くらいまで
毎日仕事していました。

繁忙期はほぼ毎日
地下鉄の終電に間に合うように
切り上げる感じでした。
週休2日でしたが必ずどちらか出勤

極力残業しない方針の私ででさえ
月50~80時間以上の
残業になっていました。

仕事が忙しいのはいいんです。
それこそ数年経ったら
確実に別の職場に変われるので。

でも、ふと気が付いたんです。

私が公務員でいいと思った
理由の一つは労働条件です。

例えば看護休暇や介護休暇など
家族に何かあった時にちゃんと
長期休める「制度」があって
それがちゃんと「行使できる」
ことだったんです。

でも係員2人だったら…
実質長期の休みは取れないですよね!

冷静に周りを見回してみたら
やはり係員が2~3名の
職場が年々増えていたんです。

もちろん大人数の部署もありましたが
基本削減方向なのでこの先も
少人数の部署が増えていく可能性が
大きかったのです。

そこで私は考えました。

自分のやりたい仕事ができるわけではない
やりがいのある仕事を続けることもできない
家族に何かあった時に休めない

自分が公務員で「働く」ことへの
意味が見えなくなったんですね。

お給料は毎月もらえますし
残業すればきちんと手当も出ましたから
お金の面では申し分なかったです。

でも、この先まだ何十年と勤めるのに
お給料のためだけって…
と思ってしまったんです。

そこで「生き方を変えよう」
と思いついたんです。

それから1年半くらい
とにかく知識を入れたくて
お昼休みとか仕事の帰りで間に合う時に
本屋さんで探して本を読みまくりました。

男性女性、日本人外国人
経営者や起業家、作家や神父さん、
俳優やナンバーワンホストなどなど
とにかくいろんな人の書いた本です。
多分100冊は軽く超えたと思います。

そしてやっと
「自分で人生をきちんと決めて
自分の人生を生きるという道があるんだ」
と分かりました。

そこで公務員を辞めよう!と
決心したわけです。

でもやはり下準備をしてから…
と思ったわけですが、
当時は本当に仕事に追われていて
よく考える時間がなかったんですね。

平均睡眠時間4時間以下だったので
今思えば毎日眠気の中で
仕事してたと思います。

忘れていましたが
その当時不整脈もひどくて
ベッドに入るといつも
苦しくなっていました。

そんな状態だったので
まず仕事を辞めないと先に進めない!
ということで先が決まっていない状態で
退職届を出しました。

その後いろいろあって
今のリラクゼーションサロンを開業して
今年10周年を迎えることができています。

いろんなご縁や沢山のお客様のおかげです。
本当に感謝しております。

この10年の間に社会は
大きく変わってきました。
でもまだまだ変わっていくことが
目に見えています。

私は大船から飛び降りたので
小さな自分のボートで
世の中を進んでいます。

この10年小さなボートで
順調な時ばかりではありませんが
大船に乗っているときには
全く見えなかったことが見えています。

例えば嵐や岩礁があるということ。

映画「タイタニック」を
ご存知の方も多いと思います。

世界最大の豪華客船で
最高のクルーが乗っていても
海での脅威には勝てませんでした。

変化の波が大きい現代では
どんな大企業でも
場合によっては政府でも
暗礁に乗り上げてしまうことが
起こりうる時代です。

その時!!
タイタニックの乗客のように
船に積んであったボートだけでは
生き残れない可能性が高いです!

でも
もし自分のボートを用意していたら?

少なからず自分や家族を
船から救い出すことができます。
場合によっては他の人を
助けることもできるかもしれません。

またボートを持っていれば
それを使うことを考えて
事前に操舵方法や漕ぎ方や
海での危険について学ぶでしょう。

そういうことを知っていると
大船に乗っている時も
悪天候や船の違和感にも
気づきやすくなります。

そしたら手遅れになる前に
何か手が打てるかもしれません。

これからは大船がどうなるかわからない時代です。

船自体が危険になることもあれば
船を守るために乗客を降ろすことも
出てくると思います。

その時に勝手に乗せられたボートで
本当に自分のいきたい場所に行けるでしょうか?
そこで幸せになれるでしょうか?

自分のボートをしっかり持って
何かあった時には自分で行き先を決めて
そこに進むことができたら
いいと思いませんか?

私の考える「自分のボート」とは
自分で稼ぐ方法を知ることです。
つまり「自営」や「起業」です。

自分で稼ぐ方法で一番簡単なのは
自宅で開業すること!

何で開業するのかは
とてもたくさん選択肢が
あると思います。

・ネットビジネス(アフィリエイトなど)
・スクール(お花やパン教室など)
・投資ビジネス(FXや仮想通貨)
・カウンセラーや占い師
・コンサルタント

この辺りはお金もかからずにできて
確かにお勧めではあるのですが
でもちょっと頭を使うというか
高い知識や技術、
場合によっては資格や許可が
必要そうですよね。

できたら簡単で
お客様に喜ばれて
なおかつ自分のためになる!
ご家族にも役立つ!
しかも元気で長生きができる!

そんなお仕事があったら
いかがですか?

≪未来デザイン塾≫では
「自分のボート」が欲しい方の
カウンセリングやアドバイスを
行っています。

「どんな話か聞いてみたい」
「自分に何ができるのか知りたい」
「今の生活を変えたい」
「やりがいのある仕事がしたい」
「子育てしながらおうちで仕事がしたい」
「介護中でも収入が欲しい」
「一生元気で働きたい」

ちらっとでもそんな風に
思ったら気軽にお話ししてみませんか?

只今、期間限定で
無料LINE相談会を行っています!

通常は30分3500円ですが
今なら無料で1時間お話伺います!

PS
退職したその夜から不正脈は治りました(^◇^;)

ページトップへ戻る