未来デザイン塾

お問い合わせはこちら

YUKINOの未来デザインブログ

本当は怖い悪い姿勢

健康デザイン 

≪あなたも大切な人も元気になる健康デザイン塾ブログ≫

 

ご覧いただきありがとうございます!未来デザイン塾講師のYUKINOです。

こちらでは「健康デザイン塾」に関するお話をお伝えしていきます。<毎週水曜日更新!>

自分で健康になりたい、いつまでも健康で美しくいたいという方、またご家族や身近な人を健康にしたい癒したいという方に、学校では教えてくれない身体や健康の知識やちょっとしたケアの方法などをご紹介していきます。

今まで聞いたことのないお話もあるかと思いますので、楽しみにしてくださいね☆

あなたもあなたの大切な人もどんどん元気になっていきましょう!

 

第2回のテーマは「本当は怖い悪い姿勢」です。

いい姿勢は体にいい

姿勢はいいほうがいい。


いい姿勢は体にいい。


こう思っている人がほとんどだと思います。その通り、いい姿勢というのは、身体にいい姿勢なんです。


いい姿勢は、筋肉の状態や血液の流れなどにとっても「いい状態」なので、実はいい姿勢の方が身体は楽なんですね。


今までたくさんの方を施術してきましたが、リンパマッサージで首~肩~背中のコリむくみをケアすると、背筋が伸びる方が多いんですね。ご本人も自然にいい姿勢になると言われます。


なので身体の方も、いい姿勢になれるものならなりたいと思っています。なぜなら、人間の元々の姿勢はいわゆる「いい姿勢」なので、いい姿勢でいることは人間本来のいい状態が保たれ、身体の各部位もしっかり機能するということなんです。


つまり、いい姿勢でいると、身体もいい状態になっていくのです! 皆様もそれをなんとなくわかっているから、「姿勢はいいほうがいい」と思ってるんですよね。


悪い姿勢の本当の意味

では、悪い姿勢についてはどうでしょうか?


姿勢悪いのわかってるけど直せなくて…


肩がこるのは姿勢が悪いせいだと分かってるんだけど…


こういうお話をよく耳にします。言外に「悪い姿勢はよくないけどたいした問題じゃない。」という気持ちがあるように思います。でも、よく考えてみてください。


いい姿勢は体にいい。いい姿勢をしていると体はよくなっていく。


のであれば、悪い姿勢の場合は


 悪い姿勢は体に悪い。悪い姿勢をしていると体は悪くなっていく。


そうなんです!悪い姿勢は体を悪くしてしまうんですね! 悪い姿勢は、骨格も曲がっている、筋肉も変に伸びたり縮んでいたり、血管やリンパ管も曲がりくねって流れが悪くなる…という状態なんですね!


そんな「悪い姿勢」を長年続けていたら、骨格は歪み、筋肉は形悪く固まり、栄養は運びにくく、ゴミは溜まりやすい…そんな悪い状態になってしまうのは簡単に予測できます。それが体調不良の原因や、引いては生活習慣病などにも繋がっていきます。


悪い姿勢は、単に見た目が悪いだけでなく、肩こりしやすくなるだけでなく、もっと悪いことを引き起こす原因なんです。


まとめ

私たちの身体は、本来自ら身体をケアする機能、強くする力を持っています。その力を思う存分発揮するには、本来の状態でいることが一番です。


本来の状態と言ってもそれがどんな状態なのか、なかなか想像しにくいと思いますが、誰でもわかっているのが「姿勢」です。


いい姿勢が体にいい。


悪い姿勢は体に悪い。


あなたは既に知っています。


あなたはどちらを選びますか?


 


最後までお読みくださりありがとうございます。


ご質問や「こんなこと知りたい!」などがありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね!


ページトップへ戻る