未来デザイン塾

お問い合わせはこちら

YUKINOの未来デザインブログ

リンパケアは誰もが安心の優しいスキル!

バランスリンパ 

≪あなたの人生を豊かにするバランスリンパ塾ブログ≫

ご覧いただきありがとうございます!

こちらでは「バランスリンパ塾」に関するお話をお伝えしています。<毎週月曜日更新!>

リンパの話、施術の話、スクールの話、またセルフケアに関する話など忌憚なく書いていきますので、ぜひお読みくださり、あなたの人生を豊かにしていってくださいね!

現在「リンパケアセラピストをおススメする9つの理由」を一つずつ、詳しくお話ししています。

今回は3つめの「リンパケアは安心の優しいスキル!」です。

施術には「○○すぎ」のリスクがある

世の中にはいろんな施術があり、どれも素晴らしいものですが、施術によってはグイグイと揉んだり押したり、引っ張ったりねじったり、また肌をつねったり肌に針を刺したりする施術もあります。


もちろん全てがきちんとした理論に基づいた確かな技術ですが、でもやはり人が行うことです。どんなに気を付けてもヒューマンエラーは0にはならないと思うのです。


なので、場合によっては揉みすぎ押しすぎ、引っ張りすぎねじりすぎ、つねりすぎ、また針も刺し損ねる…あってはいけないことですが、万が一でもある可能性があります。


残念ながら「○○すぎ」や誤って「○○してしまう」ことは絶対にないと言えないのが現実です。


「○○すぎ」によって、時には筋肉や肌を痛める、末梢神経を刺激しすぎる…場合も起こりえます。


つまり、施術によってはリスクがある、というのが現実なのです。


安心して施術できるリンパケア

では、リンパケアはどうでしょうか?


前回に書きましたとおり、リンパケアの超原則の手順は



  1. 心臓に向かって

  2. 肌を撫でるように

  3. 関節から関節まで流す


です。


手技としては「②肌を撫でるように」が基本です。


なのでリンパケアの「○○すぎ」は「撫で過ぎ」ということになります。実際の施術の際には肌への摩擦防止とケアの効果をより高めるためにマッサージ用ジェルを用います。なので、ジェルを使用している場合にうっかり肌を痛めるほど撫で過ぎることは逆に難しいです。


つまり、お客様の体を痛めるリスクがとても低いということなんですね!


実は私が、ソフト整体を学んだにもかかわらず施術していないのは、まさにリスクを感じるかどうかでした。学んだ整体の技術もとても良いと思ったのですが、やはり力を入れて揉んだり骨格や関節を押したり引いたりしなければいけません。


自分の技術が未熟だったら、「本当にお客様のカラダを正しくケアすることができるかどうか」と考えました。もちろん、しっかり技術を磨いて施術をさせていただくことも考えましたが、同じ時期に学んだリンパケアのほうは、正直そういう不安を一切感じなかったのです。


また、学んだ期間も全く違いました。整体の手技を学んだのはグループレッスンで理論もいれて4日ほどでした。しかし、当サロンのリンパケアは2人で60時間3か月近くをかけて学んだのです。その学ぶ時間数も自信につながりました。


自分が安心してお客様に施術できる技術…それがリンパケアだったのです。


しかも、お客様の体に適度な圧をかけて撫でるだけなので、施術する自分もそんなに力が必要でもないのです。圧をかけるというのは力を入れることではないんですね。ですから、お客様からは時々「力いれてて大変だね」と言われるのですが、実はほとんど入れてなかったりします。また、当サロンのリンパケアは全身しっかり施術すると2時間近くかかります。2時間力を入れて施術していたら、施術している人も体に負担がかかりますよね。


でも力をそんなに入れることがないので、意外に疲れないのです。


実はリンパケアは、施術する人にも優しいスキルなんですね!


まとめ

ということで、リンパケアは施術をする人もされる人も安心の優しいスキルだということです!


リンパケアは一度覚えたら忘れることが難しいくらいシンプルな理論で、しかもリスクがとても低い安心のスキルです。


ぜひ、リンパケアを学んで、ご自分やご家族の健康のために、そして時にはおうちですぐできるお仕事としてご活用ください!


未来デザイン塾では、修了後すぐにプロとして活躍できる実践的な授業を行っています。施術歴10年の現役セラピストが全身全霊でご指導いたしますので、ぜひリンパケアセラピストになりましょう!


次は「リンパケアは施術の結果がすぐ分かる!」についてお話しますので、ぜひ楽しみにしてください!


 


最後までお読みくださりありがとうございます。


ご質問や「こんなこと知りたい!」などがありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね!


ページトップへ戻る